共創組織化プログラム 「人と人、人と組織をつなぐ」

自立型社員による「共創組織化」支援プログラム

 
目の前の仕事がどれだけ忙しくても、社員が絶えず成長し、考える力を
養わなければいずれ会社は衰退する。
第1回日経トップリーダー・人づくり大賞 最優秀賞 株式会社ホリ

会社の業績は社員がどれだけ成長したかによって変わる
日経トップリーダー 2014.10号 ユニ・チャーム社長 高原豪久


仕事を通し、お客さまから感謝され家族が誇りに思う時間を過ごせること。
その中で、ひとりひとりの社員が充実感を感じ成長して行くこと。

そんな状態づくりのための
■どんな状況、環境に置いても自らの能力と可能性を最大限に発揮し、
 道を切り開いていく自立型人材の育成

と、1人の優れたリーダー、プレイヤーではなく、ひとりひとりが自らの強みを
発揮しながら
■会社のビジョンの実現を共にめざし、共に創り上げていく協奏組織
■お客さまへの価値を共に生み出す共創組織

を目指すのが『自立型社員による「共創組織化」支援プログラム』です。

貴社の組織づくり、組織変容に置いて
「共創組織」
に興味がありましたら是非弊社のプログラムの導入をご検討ください。

共創組織化プログラム


ゼロからの「共創組織」づくりの場合は、4ヶ月~6ヶ月のトータルプログラムを
おススメしていますが、既に、一部着手されている場合は、強化したい箇所の
研修を単独で活用もいただけます。

なお、弊社で大事にしているコトは

1.座学ではなくワークも取り入れ「考え」「体で感じ」る研修
2.研修の場の充足感、満足感ではなく、日々の業務での落とし込みや
  場合によっては、具体的な課題をテーマにした課題解決

です。

特に、最も効果的なスタイルは

■研修や教育

を行うのではなく、実際の課題解決や新規事業や商品開発の中で関わる
社員の人たちが成長し、コミュニケーションが深まる

■プロジェクト形式

での取り組みです。

これは課題解決、問題解決をコンサルティングで手掛けると同時に
人財育成の研修やワークショップを行っている弊社ならではの取り組みです。

経営陣や会社の問題や課題解決をしながら、自立型の人材を育成し
共創組織を目指して行きたい経営者、人事担当の方はぜひ、ご相談ください。

■お名前 (必須)

■会社名・店舗名・団体名・屋号 (必須) 

■メールアドレス (必須)

■ご連絡先電話番号 

■タイトル (必須)

■お問い合わせ内容 (必須)

自立型人材育成研修

組織における社員の「自立」が求められています。
そして「自立」はスキルです。
やり方がわかり、反復すれば誰でも出来るようになります。

では、なぜ「自立」がもとめられる=「自立」出来ていないのでしょうか?
それは、その「自立」のスキルを教わる機会がなくやり方を知らないからです。

社員の「自立」と「成長」は組織の成果にどんな影響をもたらしますか?
社員の「自立」と「成長」を放棄した時、組織にどんな影響をもたらしますか?


■目 的 組織の最小単位である「人材」の自発的・主体的な行動力の養成
■対象者 全社員
■時 間 3時間~4時間半

共創組織化 自立型人材育成 (さらに…)

共創組織リーダー養成研修(メンタリングマネジメント研修)

組織におけるこんな課題を解決し、さらに協奏&共創組織化のためのリーダーシップ
を学びます。

<研修の中でこれらの問いへの解答が見つかります>
1.あなたが何度同じことを伝えても理解しようとしない部下がいます。
  さて、このような部下に対して、今後あなたはどのように接しますか。

2.あなたの部下は最近どうもやる気が感じられません。
  さて、このような部下に対して、今後あなたはどのように接しますか。

3.あなたの部下は頭の回転がよく、言うことは理論的で筋が通っているの
  ですが、言っていることとやっていることは正反対です。
  さて、このような部下に対して、今後あなたはどのように接しますか。

また、これらの問題だけではなく、同様の問題に対する「解決のためのフレームワーク」
も身につけることが出来ます。

■目 的 自立型人材を引きつけ、成長させる共創組織のリーダーの養成
■対象者 経営幹部、管理職、チームリーダー
■時 間 5時間

自立型リーダー養成 メンタリングマネジメント (さらに…)

共創組織コミュニケーション研修

組織におけるコミュニケーションは、道路を走る車と同じです。

道を走っていて、横入りしたら何が起こるでしょうか?
■衝突事故
■ケンカなどのトラブル
などが起こりそうですね。

また、車間距離が狭い状態での運転は何が求められるでしょうか?
それは「技能」と「慣れ」です。

そして、過ごす時間が長い「家族」や「会社」における人と人の距離は
近くなります。

だから、組織における(その意味では家族も同様に)コミュニケーション
では「技能」の習得と、反復による「慣れ」が重要になって来ます。

日々の中で「横入り」や「技能」を持たずしての「車間距離」が近い状態は
組織にどのような影響をもたらしますか?


■目 的 
 共創組織づくりのために必要不可欠な
 「みんなで創る」
 「みんなで成果を上げる」
 コミュニケーション力、チームワークの養成
     
■対象者 全社員

■時 間 5時間~7時間

共創組織コミュニケーション研修 (さらに…)

共創組織ビジョン共有・浸透研修

■目 的 共創組織の原動力となる「ビジョン」を共感できる明確なものとし
     共有・浸透させていきます。     
■対象者 全社員(30名までのチーム、組織)
■時 間 7時間

共創組織 ビジョン共有・浸透研修 (さらに…)